ロゴ

ペットの怪我を事前に防ぐフロアコーティングとは

ペットが床で滑って怪我をしないために

ペットがフローリングで滑ってしまう場合にフロアコーティングをおすすめしますが、その他にもさまざまな対策をすることができます。そのアイテムについてランキング方式でまとめてみました。

フローリング用の滑り止めアイテムランキング

no.1

ペット用フロアコーティング

第1位はペット用フロアコーティング。やはりフローリングが滑るとわんちゃんにも負担がかかってしまうので、滑らないコーティングをすることをおすすめします。フロアコーティングをすることにより床もピカピカで傷つきにくくなるというメリットがあります。

no.2

ペット用ワックス

フロアコーティングの次に2位に選ばれたのがペット用ワックスです。自分で気軽に作業をすることが出来るため、フロアコーティングより経済的です。しかし、床一面をワックスがけするとなるとなかなかハードで時間のかかる作業なので、充分に計画を立てて作業に取り掛かることをおすすめします。

no.3

タイルカーペット

取り外して洗うこともでき、自分で好きなカラーを選んで組み合わせることもできるタイルカーペットは第3位です。防音性のあるカーペットもあるので、ペットのいる家庭ではとても役に立つものではないでしょうか。

no.4

ペット用マット

コルク性でできているペット用マットは、滑り止め効果もあり、取り外して掃除をする事もできるため4位に選ばれました。ですがペットがマットを噛んでしまいボロボロになると飲み込んでしまう可能性もあるので注意しましょう。

no.5

ペット用靴下

フロアコーティングの予算はないがペットの怪我を防止したいという場合におすすめなのが滑り止めのついたペット用靴下です。こちらは足の肉球にあたるぶぶんにゴムでできた滑り止めがついており、それによりフローリングで滑ることを防いでくれます。

ペットのために選ぶフロアコーティングの要点

フローリングが滑る場合

室内でわんちゃんや猫ちゃんが元気に走り回り、滑って転んでしまい怪我をしてしまうこともあります。そんな滑るフローリングには、「シリコンコーティング」を選ぶと良いでしょう。このフロアコーティングは滑りにくいという点でとても特化したものになります。

傷からフローリングを守りたい場合

家具の移動などでもフローリングに傷がついてしまうことがありますが、ペットの爪でも傷がついてしまうケースが多いようです。その場合、塗装が厚めの「UVフロアコーティング」か強度のしっかりした「ガラスコーティング」をおすすめします。

ペットの粗相が気になる場合

この場合は「UVコーティング」をおすすめします。ほとんどのコーティングには耐水性があるのですが、このUVコーティングは耐薬品性も高いです。なので、ペットが粗相してしまった場合に塩素系の洗剤できちんと掃除をしたいという方にもおすすめのフロアコーティングです。

ペット用のフローリング滑り止めについて

フローリング

ペットのお悩みはフロアコーティングでも解決できます

ペットを飼っている方のお悩み別に分けてコーティングの種類を説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか?たくさんの種類のフロアコーティングがありどれにしたらいいのかわからない方は、ぜひこちらの情報を参考にしてみてください。

最後に

室内で飼っているペットの習性を確認し、フロアコーティングを依頼する業者さんともきちんと話をし、ペットにピッタリのフロアコーティングを選んでみてください。